Home > News > ELCAS実験・実習コース「植物の肥料科学」開始

ELCAS実験・実習コース「植物の肥料科学」開始

ELCAS実験・実習コース「植物の肥料科学」開始

高校生を対象とした体験型学習講座ELCASに植栄研が提供する実験・実習コース「植物の肥料科学」(全6回)が始まりました。

ELCASのサイト

本コースでは,いろいろな肥料(化学肥料,牛ふん堆肥,鶏ふん堆肥,油かす,汚泥堆肥)を窒素成分の量が等しくなるように与えてコマツナを栽培します。また,栽培に用いる土壌,肥料,収穫後の作物体の分析実験を行う計画です。

初回の今日はまず,参加高校生10名とスタッフ(間藤,小林,落合,松原,宮本)の自己紹介から。高校1年生5人,2年生5人,遠方から参加してくれている生徒さんもいます。

「なぜ窒素が大事なのか」,という間藤先生の講義の後,温室に移動。土壌や肥料を測ってポットを準備し,コマツナの種を6粒ずつ播きました。

播種後4日目,芽がでてきましたよ。