Home > News > ELCAS(第6回)

ELCAS(第6回)

ELCAS(第6回)

今回はまず,スタッフ5人が各自の研究内容を紹介しました。「この3ヶ月間皆さんと一緒に実習してきた人たちは,普段はこんなことをしてるんですよ。」

写真はチューターの宮本君のプレゼンテーションの様子です。

その後,これまで分析してきたデータの取りまとめを行いました。測定値から,窒素含有率や有機物含有率を計算していきます。さらに計算結果を,表や図にまとめました。

翌日曜日には,ELCAS各コースの履修生による,これまで学んだことについての発表会が行われ,スタッフも参観しました。

発表後,講評する間藤先生。

これで,「植物の肥料科学」全6回の実験・実習コースはおしまいです。

土壌を調製する,肥料を分析する,作物を育てる,作物を分析する,こうした一連の実験操作を通して,はじめて植物と環境の間の物質のやり取りを具体的に知ることができるようになります。一歩ずつ,経験を重ねて,科学に近づいていきましょう。